たけいひろしのブログ

千葉県在住のアラフォーのおっさんです

覚せい剤を使いたくない理由

覚せい剤が何かと話題になっています。

有名人が覚せい剤使用で捕まったせいもあるのですが・・・

 

覚せい剤については

「ダメ、ぜったい」という啓発が行政で行われていて

所持・使用は違法だからダメなんだろうなと思っている方が多いと思います。

 

ただ、それだけでは怖さが分からないと思います。

 

自分は覚せい剤については絶対に使用しないと決めています。

他の違法薬物も同様です。

大麻はちょっと断言する自信はないです)

 

なぜ覚せい剤を使用しないと決めているのか?

その理由は単純です。

 

覚せい剤精神病が怖い

 

これだけです。

 

覚せい剤の後遺症として、統合失調症のような症状が出る事が知られています。

統合失調症の症状、特に陽性症状と言われるものがあります。

具体的には

 

・幻覚(幻視、幻聴)

・被害妄想

 

などがあります。

 

統合失調症との違いとして陰性症状があまりないこと

対人コミュニケーション能力が保たれていること

等が言われていますが、これらについては様々な見解があるようです。

 

ただ、精神科病院では

統合失調症だと思って治療していたら覚せい剤の使用歴があった」

という患者さんはちょくちょくいると聞きます。

それくらいよく似た症状が出現するのです。

 

これらに対して、治療は抗精神病薬が用いられます。

使用する薬物は統合失調症とほぼ一緒です。

 

そして厄介なことは完治がないということです。

薬物の使用で脳にダメージがあってそれを原因に症状が出ています。

脳のダメージを修復する方法が現在の医学では存在しないので

発症したらずっと薬を飲まなくてはいけません。

 

これが自分が覚せい剤を使わない理由です。

一時的にいい思いをすることができるのでしょうが、

そのために受けたダメージを一生引きずる覚悟は持てません。

 

覚せい剤を使うことはやめましょう。

自ら統合失調症のような状態に飛び込むようなものなのですから。