読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけいひろしのブログ

千葉県在住のアラフォーのおっさんです

精神保健指定医って何?相模原障がい者殺傷事件続報

うつ病 社会保障

www3.nhk.or.jp

なんか話が変な方向に向いてきたように思いますが・・・

リンクの記事では措置入院の判断をした医師が

資格を不正取得したとなっています。

この専門の資格というのは

 

精神保健指定医

 

という資格になります。

措置入院の判断に関与できる医師は誰でもいいというわけではなく、

この精神保健指定医と呼ばれる資格を保持していなくてはいけません。

措置入院を行う自治体は

その医師を二人用意して、それぞれに診察を行わせ

二人が「措置入院が必要だね」と判断した場合に行われます。

 

ではその指定医の資格ですが、

学会などが認定する医師ではなく公的な資格になります。

要件としては

・3年以上の精神科での診察の経験(医師になってから5年以上)

・精神科で扱う病気の治療についてのレポート提出

を行い、審査で認められることが条件になります。

 

この資格を取得すると、

俗にいう「強制入院」の判断を行えるようになります。

精神科医としてはこの肩書をもって一人前と認められるわけです。

 

さらに定期的に更新が求められる資格ですので

ちゃんと医師として仕事しているかの判断材料にもなります。

 

問題になっているのは提出するレポートの内容に不備があったのに

審査を通過してしまったということのようです。

 

ほかの自治体はどうかわかりませんが、

神奈川県や川崎市では昨年

www.sankei.com

といった事件があったばかりです。

他にも同様の事件があったのかもしれません。

少なくとも自分の知る範囲では聞こえてきてはいませんでした。

これで適当な精神科医が排除されれば一番なのですが・・・

 

ちなみに調べてみたら自分の住んでいる千葉県でも

同様の事件があったようです。

 

精神保健指定医の指定を受けていない医師による措置診察の実施について/千葉県

 

一般的な精神科医であれば措置診察を行えるのは

指定医だと知っているはずなので、

依頼を出す方も、受ける方も双方に問題があると思います。

 

 

うつ病当事者から見た精神保健指定医ですが、

一定の経験を有する医師と判断する材料になります。

 

いざ自分が受診するとなった際には

指定医ではない医師にはかかる気になれません。

適当にやっている精神科・心療内科クリニックには

この指定医ではない医師が開業していることがあります。

きちんとした医師がやっているクリニックかどうかを判断する材料として

院長が指定医をもっているかは重要な要素です。

 

皆さんも、もし精神科のお世話になるときがあったら、

自分のかかる医師が指定医なのかどうか、

余裕があれば確認することをお勧めします。

 

ちなみに有名な香山リカ先生は中塚先生とおっしゃるようですが、

精神保健指定医はお持ちではないようです。

自分が主治医として選ぶかはこれで微妙になったと言えるかもしれません。