読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけいひろしのブログ

千葉県在住のアラフォーのおっさんです

誰でも障害者になる可能性があること

障害者への福祉制度の批判をよく目にしますが、そのような行為は自分の首を絞める事につながると思っています。

 

あなたがこの先重大な病気や怪我をしないという保証はどこにありますか?

そのような状態になった場合どうやって生活していきますか?

保険などで備えていると言って反論する方もいると思いますが、身の回りの事が出来なくなる時、家族だけで支えられますか?

現在の日本で身内以外で頼れるのは公的な福祉サービスです。

経済的に裕福であれば関係ないかもしれませんがそんなのは一握りです。

基本的に今の障害者を支える制度や枠組みを利用する事になります。

 

批判するのは構わないのですがその批判の対象に自分も陥る可能性を想像できないのは少しなしくなります。

 

明日、脳梗塞になったらとか、車にはねられたら等リスクはたくさん潜んでいます。

 

どうか「自分も利用するかもしれない」という視点をもっていろいろな報道などをみてほしいと思います