読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけいひろしのブログ

千葉県在住のアラフォーのおっさんです

うつ病の希死念慮について

うつ病

精神科の世界で「死にたい気持ち」のことを希死念慮と言います。

自分もこれに悩まされた時があります。

このような気持ちに至るまでの経緯は人それぞれだと思いますが、自分の場合は「どうでもいいや」と言う感覚からふわっと「死んじゃうか」と「死」と言う言葉が頭に浮かんできてしまいました。

通勤電車から海が見えて、飛び込んだら死ねるよなあ、なんて連想してました。

その日仕事がなければ途中下車してふらっと行っていたかもしれません。

 

純粋なうつの希死念慮は自責感から死を選ぶような事が多いと思うので自分の場合は少し違うのかもしれません。

 

ただ、今もその時のことを思い出してゾッとする事があります。

 

こうやって文字に起こしておこうと思ったのは2度とそうなりたくないからです。

 

家族がいるので死ねないのですが、同じ状態にならない保証はどこにもないのですから。