読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけいひろしのブログ

千葉県在住のアラフォーのおっさんです

うつ病は怠けじゃない

世間ではうつ病を「怠けているだけだ」とか「甘えだ」とか言う人が多く存在します。そんな人のために「うつ病」とは何か?なんでうつ病が甘えだといわれるのか?そのあたりについて書いていこうと思います。

 

うつ病とは

 

一言で言ってしまうと

「気持ちが沈んだり、不安になったり、眠れなくなったり、やる気が出なくなる病気」

のことです。

脳の神経伝達物質のバランスが崩れてこのような状態になるといわれています。

 

うつ病の診断については以下のような診断基準を満たせば「うつ病」であるとされます。

(めんどくさいと思った人は飛ばしてください)

 

DSM-5におけるうつ病(大うつ病性障害)の診断基準

A.以下の症状のうち5つ以上が2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている.これらの症状のうち少なくとも1つは①の抑うつ気分、または、②の興味および喜びの喪失である.

注意:明らかに他の医学的な疾患に起因する症状は含まない

その人自身の言葉(例:悲しみ、空虚感、または絶望を感じる)か、他者の観察(例:涙を流しているように見える)によって示される、ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分

注意:子どもや青年ではイライラしていて怒りっぽくなっている気分もあり得る

ほとんど1日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活動における興味または喜びの著しい減退(その人の説明、または他者の観察によって示される)

食事療法をしていないのに、体重減少、または体重増加(例:1ヶ月で体重の5%以上の変化)、またはほとんど毎日の食欲の減退または増加

注意:子どもの場合、期待される体重増加が見られないことも考慮に入れる

ほとんど毎日の不眠または仮眠

ほとんど毎日の精神運動焦燥(イライラ・あせり・むしゃくしゃすること)または制止(衝動や意欲、自発性を失うなど)。(これらは他者によって観察可能で、ただ単に落ち着きがないとか、のろくなったという主観的感覚ではないもの)

ほとんど毎日の疲労感、または気力の減退

ほとんど毎日の無価値観(自分には価値がないと思うこと)、または、過剰、不適切な罪責感(妄想的であることもある。単に自分をとがめること、または病気になったことに対する罪悪感ではない)

思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日認められる(その人自身の説明による、または他者によって観察される)

死についての繰り返し考える(死の恐怖だけではない)、特別な計画はないが繰り返される自殺念慮、または自殺企画、または自殺するためのはっきりとした計画

B.その症状は、臨床的に意味のある苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている.

C.その症状は物質の生理学的作用、または他の医学的疾患によるものでない.

注意:親しい人やペットなどを亡くした喪失体験時の悲しみ時には、上記のような反応が見られることがよくあるが、正常な悲哀とうつ病とは慎重に区別すべき

D.抑うつエピソードは、統合失調感情障害、統合失調症統合失調症様障害、妄想性障害、または他の特定および特定不能の統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害群によってはうまく説明されない.

E.躁病エピソード、または軽躁病エピソードが存在したことがない

 

 

これは、アメリカで用いられているDSM-5という診断基準になります。

ざっくりまとめると

 

2週間以上の期間

 

気持ちが沈んでいる

世の中のことに関心が持てなくなる

体重が減る

眠れない

イライラしたり何もできなくなる

疲れやすい

自分のことがどうでもよくなる

集中力が続かない

死にたくなる

 

といった気持ちの変化があった場合、うつ病と診断されます。

 

その他にも肩こりがひどいなどの症状もあるようです。

 

 

 

 

うつ病の治療

 

なぜこのような状態になるのか?原因として

脳内の神経伝達物質のバランスが崩れているからだとされています。

そのため、基本的には抗うつ薬を使って治療を行います。

また、休養することも大事です。

服薬と休養

これが治療の大きな柱となります。

脳内の神経伝達物質に作用する薬を服用することで改善していくのです。

 ほかにも心理療法もありますが、補助的な役割です。

 

 

なぜうつ病は誤解されるのか?

 

それでは本題である、うつ病がなぜ誤解されるのか考えていきたいと思います。

 

1わかりにくい

 うつ病の診断は先ほどの診断基準などに沿って行われます。

 基本的には医師が診察をし、診断基準に当てはまるかどうかで決まります。

 基本的には「問診」だけです。

 ここに一つの要素があると考えます。

 ほかのけがや病気ならば

 

「あー、ここから血が出てるわ」

「熱が出て検査したら陽性だったわ」

「採血したら〇〇の数値が悪かったわ」

 

など、だれの目にも見える形で結果が分かります。

うつ病の場合はそのような見た目の特徴や簡単に受けられる検査がありません。

 

utu-yobo.com

 

といった検査がありますが、一般的ではありません。

いろいろな研究が進んでいますが、実用化はまだ先のようです。

 

そのため、「うつ病にかかった」と言っても診断した医師の診断書くらいしか

証拠を出すことができません。

「嘘ついたんだろ?」と言われても論理的に反論できません

(そもそもうつ病がひどい時は論理的な反論ができるほど頭は動きません)

 

2症状が共感を得にくい

 うつ病の症状には疲れやすさだったり、集中力が続かないなどがあります。

 それは他者から見たらどうしても「サボってる」としか思われません。

 熱を出してふらふらしていたり杖をついて歩いていたら

そうでもないのかもしれませんが・・・

 

 

というわけで自分なりの結論としては

「病気が分かりにくく、経験者以外から共感を得にくいから」

うつ病が理解されない原因となりました。

 

3つ目の理由も何かないか考えたのですが、いい答えが浮かびませんでした。

 

ただ、これだけは言えます。

 

うつ病は脳の病気です。

 

根性で何とかなったりするものではないのです。

これだけは忘れないでください。

覚せい剤使用者への治療

覚せい剤使用者の治療は2種類に分かれます。

 

覚せい剤依存症の治療

覚せい剤精神病の治療

 

これを並行して行っていくのですが、

2種類の治療があるということを理解していないと見えてこないことがあります。

今回はそれぞれについて書いていこうと思います。

 

覚せい剤依存症の治療

 依存症の治療に特効薬はありません。

 いろいろな治療薬が出ているのですが、

この薬やこの治療を行えば依存症から立ち直る事ができる

というものはありません。

中心になるのは心理教育や自助グループでの活動になります。

 

薬物の自助グループで有名なのは「DARC」です

 

 

世間一般の人からみたら「依存症は甘えだ」「気合で断て」

とかいう意見も聞きますが、そう簡単にいかないからみんな困っているわけです。

 

ダルクは薬物依存症者が集まってみんなで

「どうすれば薬物を使わないでやっていけるか」と考えていくグループです。

(かなり乱暴なまとめ方です。ダルクの方、ごめんなさい)

「薬物依存症者が集まってよからぬことをするんじゃないか?」

なんて批判的なことを聞いたりもしますが、

中の人は本気で薬をやめようとしている人たちです。

 

特効薬もない中では薬をやめたい人たちが支え合っていくしかないのです。

 

この依存症の治療で大事なのは本人が

「薬をやめたい」

と思うことです。

この動機が弱いと途中で治療は頓挫します

結局は意思じゃないかということになるのですが、

単純にやめたいと思うだけではやめられないところが依存症の怖いところです

 

2覚せい剤精神病の治療

 これは覚せい剤を使用した後遺症に対しての治療です。

 症状は統合失調症とよく似ていて、使用する薬もほぼ一緒です。

 入院治療も行われます。俗にいう精神科への強制入院の対象にもなります。

 

これらを並行して行っていくのが一般的な覚せい剤使用者への治療です。

一筋縄で回復に向かわないのが厄介なところです。

安易に「反省していない」などと批判しても何も解決にはならないのです。

覚せい剤を使いたくない理由

覚せい剤が何かと話題になっています。

有名人が覚せい剤使用で捕まったせいもあるのですが・・・

 

覚せい剤については

「ダメ、ぜったい」という啓発が行政で行われていて

所持・使用は違法だからダメなんだろうなと思っている方が多いと思います。

 

ただ、それだけでは怖さが分からないと思います。

 

自分は覚せい剤については絶対に使用しないと決めています。

他の違法薬物も同様です。

大麻はちょっと断言する自信はないです)

 

なぜ覚せい剤を使用しないと決めているのか?

その理由は単純です。

 

覚せい剤精神病が怖い

 

これだけです。

 

覚せい剤の後遺症として、統合失調症のような症状が出る事が知られています。

統合失調症の症状、特に陽性症状と言われるものがあります。

具体的には

 

・幻覚(幻視、幻聴)

・被害妄想

 

などがあります。

 

統合失調症との違いとして陰性症状があまりないこと

対人コミュニケーション能力が保たれていること

等が言われていますが、これらについては様々な見解があるようです。

 

ただ、精神科病院では

統合失調症だと思って治療していたら覚せい剤の使用歴があった」

という患者さんはちょくちょくいると聞きます。

それくらいよく似た症状が出現するのです。

 

これらに対して、治療は抗精神病薬が用いられます。

使用する薬物は統合失調症とほぼ一緒です。

 

そして厄介なことは完治がないということです。

薬物の使用で脳にダメージがあってそれを原因に症状が出ています。

脳のダメージを修復する方法が現在の医学では存在しないので

発症したらずっと薬を飲まなくてはいけません。

 

これが自分が覚せい剤を使わない理由です。

一時的にいい思いをすることができるのでしょうが、

そのために受けたダメージを一生引きずる覚悟は持てません。

 

覚せい剤を使うことはやめましょう。

自ら統合失調症のような状態に飛び込むようなものなのですから。

格差は日本だけの問題ではない

雑談 社会保障

 

日本の格差社会の広がりは

いろいろとメディアが取り上げて議論が進んでいると思いますが、

どれを読んでもどうにも核心に迫っていないように思います。

 

 

格差社会は日本だけの話だけではない

ということです

 

 

markethack.net

headlines.yahoo.co.jp

 

グローバル化新興国の経済成長により

先進国では富裕層が所得を増やし

新興国は中間層が所得を増やす

そのかわりに先進国の中間層が減少する

 

この二つの記事はそういったことを示唆しています。

 

日本でも製造業が円高で競争力を失って労働者の雇用が失われた

と言われていますが、海外に目を向ければ

中国、韓国、台湾などがかつての日本メーカーの地位を占めています。

現在はエレクトロニクスに顕著ですが、これが日本のお家芸である

自動車産業に波及しない保証はどこにもありません。

 

こういった傾向はリーマンショック直後からあったように思います

 

jp.wsj.com

 

こういった動きがトランプ旋風につながっているようです。

 

格差社会はグローバルの問題なのに、どうにも日本の週刊誌は

「個人のケース」に話を落とそうとして本質を見失っているように感じるのです。

 

参考にした広瀬氏は

過去には戦争により格差の解消が行われた

と述べていますが、どうかそれ以外の方法で

解決することができればいいのにと思います。

 

精神保健指定医って何?相模原障がい者殺傷事件続報

うつ病 社会保障

www3.nhk.or.jp

なんか話が変な方向に向いてきたように思いますが・・・

リンクの記事では措置入院の判断をした医師が

資格を不正取得したとなっています。

この専門の資格というのは

 

精神保健指定医

 

という資格になります。

措置入院の判断に関与できる医師は誰でもいいというわけではなく、

この精神保健指定医と呼ばれる資格を保持していなくてはいけません。

措置入院を行う自治体は

その医師を二人用意して、それぞれに診察を行わせ

二人が「措置入院が必要だね」と判断した場合に行われます。

 

ではその指定医の資格ですが、

学会などが認定する医師ではなく公的な資格になります。

要件としては

・3年以上の精神科での診察の経験(医師になってから5年以上)

・精神科で扱う病気の治療についてのレポート提出

を行い、審査で認められることが条件になります。

 

この資格を取得すると、

俗にいう「強制入院」の判断を行えるようになります。

精神科医としてはこの肩書をもって一人前と認められるわけです。

 

さらに定期的に更新が求められる資格ですので

ちゃんと医師として仕事しているかの判断材料にもなります。

 

問題になっているのは提出するレポートの内容に不備があったのに

審査を通過してしまったということのようです。

 

ほかの自治体はどうかわかりませんが、

神奈川県や川崎市では昨年

www.sankei.com

といった事件があったばかりです。

他にも同様の事件があったのかもしれません。

少なくとも自分の知る範囲では聞こえてきてはいませんでした。

これで適当な精神科医が排除されれば一番なのですが・・・

 

ちなみに調べてみたら自分の住んでいる千葉県でも

同様の事件があったようです。

 

精神保健指定医の指定を受けていない医師による措置診察の実施について/千葉県

 

一般的な精神科医であれば措置診察を行えるのは

指定医だと知っているはずなので、

依頼を出す方も、受ける方も双方に問題があると思います。

 

 

うつ病当事者から見た精神保健指定医ですが、

一定の経験を有する医師と判断する材料になります。

 

いざ自分が受診するとなった際には

指定医ではない医師にはかかる気になれません。

適当にやっている精神科・心療内科クリニックには

この指定医ではない医師が開業していることがあります。

きちんとした医師がやっているクリニックかどうかを判断する材料として

院長が指定医をもっているかは重要な要素です。

 

皆さんも、もし精神科のお世話になるときがあったら、

自分のかかる医師が指定医なのかどうか、

余裕があれば確認することをお勧めします。

 

ちなみに有名な香山リカ先生は中塚先生とおっしゃるようですが、

精神保健指定医はお持ちではないようです。

自分が主治医として選ぶかはこれで微妙になったと言えるかもしれません。

 

 

NHKの貧困女子高生に見る貧困の定義と18歳の壁

社会保障

貧困女子高生のことが話題になっていますが、

いろいろな記事に書かれているコメントを見ると

議論のぎくしゃく感に強く危惧を抱きます。

 

残念ながらその番組を見ることができなかったので

その後の記事などから内容を推測して書いていきます。

 

 

www.buzzfeed.com

 

 

まず、発端となったNHKの報道のターゲットは

「相対的貧困」をターゲットにしているようです。

相対的貧困については

 

markethack.net

 

こんな感じで貧困比率などで明らかになると思います。

 

つまり、「世間と比べて貧乏かも」といった指標です。

これは昨今話題になっている格差社会などと

同じ線上にある議論だと思います。

 

今回のNHKの報道であぶりだしたかったのは

 

高校卒業後に高等教育を受けられない家庭がある

 

といった現状です。

 

それに対してこの報道や当事者たちを批判しているの方々は

絶対的貧困を基準に「貧困ではない」と言っているようです。

 

まあ、PCが買えないからキーボードで済ます

といった演出に疑問がついているとも言えなくもないですが・・・

 

映画を複数回見ているから

高価な筆記具があったから

1000円程度のランチを食べているから

 

だからこの家庭は貧困ではなく、

工夫すれば学校にも行けるじゃないかということのようですが・・・

 

数万円の支出が出せるかが問題なのではなく、

高校卒業後の専門学校の学費をねん出できない

世帯収入であることが問題のターゲットだったと思うのですが・・・

 

www.yoani.co.jp

 

 

試しに代々木アニメーション学院のイラスト科の学費を調べたら

2年間で260万円と出ていました。

 

高卒後の進路にこの金額を出せない層が増えているということが

今回の報道で言いたかったことだと思うのです。

 

 

それは数年前から話題になっている格差社会と同じ議論のはずです。

 

貧困という言葉が出たことで薄れてしまったように思いますが、

問題なのは格差が広がっているということでしょう。

 

格差社会から貧困とキーワードが移っていますが、

そういった議論の移り変わりも踏まえて

もう一度報道を見なおす必要があるのかもしれません。

 

 

 

また、ひとり親家庭についての支援なども議論するべきかもしれません。

 

 

高卒後の進路が話題になった背景には

18歳の壁」が存在すると思います。

 

これは18歳になったと時点でそれまで受けていた

公的な支援が受けられなくなることです。

 

例えば児童養護施設にいられるのは18歳までですし、

公的な手当を受けられるのも18歳までとなっています。

 

児童扶養手当 - Wikipedia

 

「節約すれば学校に進学できるじゃないか」の議論の乱暴さは

18歳になったときに打ち切られる手当があるということを無視しています。

 

これまでできていた生活が高校卒業後はできなくなるのが

今の日本の制度なのです。

節約しても、手当が打ち切られるのできっと進学できなかったでしょう。

 

NHKはヤラセだ」と言う前に

この家庭は彼女が高校を卒業すると同時に

4万円月収が減ります。

約50万円年収が減ります。

そういった事実もあるのです。

 

番組に出演した女子高生を批判的にとらえる前に

 

「自分がイメージしているのは相対的貧困か、絶対的貧困か」

18歳の壁というものを知っていたか」

 

この二つの要素が自分の頭の中にあったかを振り返っていただければ幸いです。

 

そしてこういった現状を踏まえたうえで

テレビに出た女子高生を批判的に捉えることが妥当なのか、

そこを良識のある大人として考えてほしいと願います。

 

青春18きっぷを使って東京湾を一周してみる

雑談

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」

 

多くの人が活用している青春18きっぷ

つい、そのお得感からどれたけ長距離移動出来るか?という視点で捉えがちですが、東京近郊で出来るちょっぴり非日常的な日帰りでの使い方を紹介したいと思います。

 

さて、今年は帰省で使うため用意した18きっぷ。都合よく1日分余ったので有意義に使ってみます。

 

f:id:takeihiroshi:20160828161119j:plain

 

まずは千葉の内房線に乗って浜金谷駅まで。

東京駅から2時間もあれば着く事ができます。

ここから徒歩で東京湾フェリーの金谷港を目指します。

 

 

 

f:id:takeihiroshi:20160828161139j:plain

 

徒歩で5~10分ほどの距離でフェリー乗り場です

 

f:id:takeihiroshi:20160828161135j:plain

 

途中には地元のアジを使った料理で有名な店も。

 

f:id:takeihiroshi:20160828161150j:plain

 

 

 

運賃720円で対岸の久里浜を目指します。

追加の運賃がかかるのは邪道かもしれませんが電車ばかりではつまらないので。

 

 

f:id:takeihiroshi:20160828161147j:plain

 

f:id:takeihiroshi:20160828161149j:plain

 

対岸に着いたら久里浜駅を目指します。

バスで200円かかりますが、歩ける距離です。

 

f:id:takeihiroshi:20160828161317j:plain

 

 

 

これでただ一周するだけなら半日あれば終わりですが、それではつまらないので横須賀で途中下車しました。

駅を降りたらいきなり護衛艦のお出迎えです。

 

 

f:id:takeihiroshi:20160828161325j:plain

 

 

護衛艦いずもを横目に20分ほど歩いて戦艦三笠に向かいます。

 

f:id:takeihiroshi:20160828161330j:plain

 

 

 

記念撮影だけでもいいのですがせっかくなので中に入ってみます。

艦橋に登って何となく東郷司令官の気持ちを味わってみます。

 

f:id:takeihiroshi:20160828161334j:plain

 

 

 

他にも見所があるのかもしれませんが夕方までに帰宅すると約束して出てきたのでここで千葉行きの横須賀線に乗って帰宅します。

 

およそ8時に千葉を出て夕方までに帰れるお気軽コースです。

 

時間があれば鎌倉の散策なども可能でしょう。

 

追加でフェリーの運賃と三笠の入館料と昼食代でおよそ2千円〜3千円かかりますが、もし千葉からの18きっぷの日帰り旅行を考えてる方がいれば参考になると幸いです。